注目キーワード

業界トピック

【Factory Innovation Weekリポート①】製造業DXからロボット、脱炭素まで、新製品・新技術が続々登場!

2024年1月24日(水)~26日(金)、Factory Innovation Weekが東京ビッグサイトで開催された。展示されたソリューションのなかから編集部の注目アイテムをシリーズで紹介する。

1650社の
新製品・新技術が出展

Factory Innovation Weekには、工場のDX,GXソリューション、ロボット、カーボンニュートラル実現に向けた1650社の新製品・新技術が出展した。8回目となる今回の展示会には、3日間で77,744名が来場した。第1回目は、業務効率を向上させる付加価値のあるソリューションをピックアップした。

<目次>
1. メインマーク株式会社 床の沈下問題を解決
2. NSW株式会社 目視巡回点検を簡単にリモート化
3. 株式会社インタフェース 生産管理、可視化サービス 

 

メインマーク株式会社
床の沈下問題を解決

テラテック工法イラスト

業務効率の低下を招く床の『傾き』・『タワミ』・『段差』・『床下の空洞』・『空洞による機械振動』といった問題を解決するのがメインマーク株式会社の業務を止めない特許工法「テラテック工法」である。これまでに4200件以上の施工実績を持つ。

テラテック工法とは、硬質発泡ウレタン「テラテック樹脂」を土間床下に注入し、その膨張力で床下の空洞を埋め、沈下した床を修正する特許工法である。材料が軽量なので、再沈下への影響が少ない。

床を壊さないので、業務・稼働・営業を止めずに工事ができ、圧倒的短工期で、施工後すぐに通常通りの工場使用が可能だ。しかも、 設備(機械・棚)や荷物の移動が不要で、 粉じんや騒音、産業廃棄物の心配も無用。コンパクトな機材による施工なため、 全体のコストが安く抑えられるなど、数多くのメリットがある。

DATA

メインマーク株式会社

 

NSW株式会社
目視巡回点検を簡単にリモート化

NSW
NSWが提供する工場向けIoTソリューション群「Smart Factory(スマートファクトリー)」は、工場で発生する問題・課題を、短納期・低コストで解決するソリューションが揃っている。LiLz Gaugeは、低消費電力IoTカメラと機械学習を活用し、アナログメーターなどの目視巡回点検を簡単にリモート化できるクラウドサービスである。

IoTプラットフォーム「Toami」を中心にデータの見える化、分析、データ活用など、スマートファクトリーや製造DXを実現するトータルソリューションを展開している。LiLz Gaugeで取得したデータをToamiと連携することで、設備の予知保全や生産計画のための情報、省人化など、現場支援を加速する。

工場などの製造現場では、現在もネットワークに対応していない設備が多く存在し、目視による確認や点検、記録が実施されている。LiLz Gaugeは、機械学習・画像処理を活用し、アナログメーターなどの計器から設備稼働状況を自動で読み取ることで、巡回点検を簡単にリモート化するクラウドサービスのため、製造現場における課題を解決する。

DATA

NSW株式会社

 

株式会社インタフェース
生産管理、可視化サービス

全製品を国内開発・国内生産にこだわる株式会社インタフェースが提供する産業用パソコンは、産業用途に求められる24時間365日連続動作、温度条件・電源変動・振動防止・停電対策など、厳しい要求に耐えうるさまざまな工夫が施された製品である。

ソフトウェア製品のCSシリーズ(Classembly Software®)のラインナップに新たに加わったのは、産業用途に求められるシステム運用を強化する「ジャーシリーズソフトウェア」。

CSシリーズは、産業用パソコン用OS、各種OSに対応したドライバ、ユーティリティをはじめ、IoT向けプログラミング言語「AJAN(R)」など充実のラインナップを提供。OA(オフィスオートメーション)からFA(生産工程の自動化を図るシステム)まで幅広く利用可能だ。

DATA

株式会社インタフェース


取材・文/脇谷美佳子

関連記事

FIW_report03-min
経済産業省

アクセスランキング

  1. NSWの2つのソリューションが製造現場の保守業務を劇的に効率化!
  2. 三菱電機、富士通、パナソニック 電機大手3社が過去最高益 2024年3月期連結決算...
  3. 【中小企業・省力化投資補助金】6月25日から第1回公募の申請受け付けを開始...
  4. 政府が事業者向けの統合版「AIガイドライン」を策定 人間中心など10原則...
  5. 全国安全週間に向けて6月1日から準備期間スタート
  6. 【外国人技能実習制度の見直し】転籍の条件と地方への配慮が焦点
  7. フリーマガジン『FACTORY JOURNAL』2024年1月16日創刊!
  8. 【2024 年のロボットトレンド】人工知能の導入が活発に
  9. 国内のDX投資、2030年度には2.3倍に ビッグデータ分析や生成AIに注目集まる...
  10. 製造業向けロボット市場 2028年には2兆円を突破

フリーマガジン

「FACTORY JOURNAL」

vol.01|¥0
2024/1/16発行