注目キーワード

編集部からのお知らせ

【ロボットテクノロジージャパン リポート①】ロボットの価値を最大化させるソリューション

2024年7月4日(木)~6日(土)、産業用ロボットと自動化システムの専門展「ROBOT TECHNOLOGY JAPAN」が、愛知県常滑市の愛知県国際展示場で開かれた。 展示されたソリューションのなかから、ロボットの価値を最大化させるソリューションを紹介する。

前回より2割増
1320のブースに出展

「ROBOT TECHNOLOGY JAPAN 」には244社・団体が出展した。前回よりも2割多い、1320のブースで、産業用ロボットメーカーやロボットシステムインテグレータ、商社などが最新のテクノロジー・ソリューションを披露した。会場には、3日間で前回を約4500人上回る46405人が訪れた。

SMCの展示ブース

ロボットの価値を
最大化させるソリューション

SMCは、東京都千代田区に本社がある自動制御機器製品メーカー。工場の自動化設備の空圧制御機器で世界トップのシェアを誇る。会場では、「ロボットの価値を最大化させる!」をキャッチコピーに、産業用ロボットとこれからの協働ロボットに最適な周辺機器や先端ツールを、ロボットを使用したデモを交えて紹介した。

協働ロボット対応電動グリッパ「LEHRシリーズ」は、高さ56mmで取り付け位置と把持点が短く、ロボット負担の少ない基本型と、奥行き63mmで狭い場所での利用に便利な縦型の2種類をラインナップしている。把持力は60〜140N。ツールの固定は2本のクランパボルトを締結するだけで交換でき、M8コネクタによる電気配線1本を接続するだけで作動する、Plug&Playに対応。UNIVERSAL ROBOTS、FANUC、オムロン/THECHMAN ROBOT社の協働ロボットに対応している。

DATA

SMC株式会社


取材・文/ 高橋健一

関連記事

ロボットテクノロジージャパン
ものづくりワールド
FIW_report03-min
factory innovation week

アクセスランキング

  1. 三菱電機、富士通、パナソニック 電機大手3社が過去最高益 2024年3月期連結決算...
  2. 【 参加無料】2024年7月25日(木)「製造工場 省エネ・脱炭素化セミナー」
  3. 政府が事業者向けの統合版「AIガイドライン」を策定 人間中心など10原則...
  4. 2024年問題に対応! 物流変革ソリューションで飛躍的に業務改善
  5. 【2024 年のロボットトレンド】人工知能の導入が活発に
  6. 【中小企業省力化投資補助事業】8月9日から第2回公募の申請受け付けを開始...
  7. 製造業向けロボット市場 2028年には2兆円を突破
  8. 【ロボットテクノロジージャパン リポート②】「切る・つなぐ・はこぶ」がテーマのSIer企業...
  9. 『FACTORY JOURNAL』創刊2号、6/19発行!
  10. 国内のDX投資、2030年度には2.3倍に ビッグデータ分析や生成AIに注目集まる...

フリーマガジン

「FACTORY JOURNAL」

vol.02|¥0
2024/6/19発行