注目キーワード

IT

【ものづくりワールド リポート①】業務効率化を実現する対話型作業支援ソリューション

2024年6月19日(水)~21日(金)、第36回ものづくりワールド【東京】が東京ビッグサイトで開催された。展示されたソリューションのなかから、ChatGPTと連携した対話型作業支援ソリューションを紹介する。

約2000社の
新製品・新技術が出展

ものづくりワールドは、IT、DX製品、部品、設備、装置、計測製品などが出展し、製造業の設計開発、製造、生産技術、情報システム部門の人達が来場する。今回の展示会には、1978社の新製品・新技術が出展し、3日間で69717人が訪れた。

業務効率化を実現する
対話型作業支援ソリューション

NSW

NSW株式会社の展示ブース

NSW株式会社は、自社のコア技術(デバイスデザイン、組み込みエッジ技術、業種・業務ノウハウ、クラウド技術)だけでなく、IoT、分析AI、RPA、AR/VR、ブロックチェーンに関連した幅広い技術を提供している。

来場者の注目を集めていたのが、対話型作業支援ソリューション「RealWear」。音声認識による100%ハンズフリーを実現する産業用スマートグラスで、欧米で高いシェアを占めている。現場作業の業務効率化、TeamsやZoomを用いた遠隔地からの遠隔指示、交通費や人件費の削減、教育促進といった機能に加えて、新たにChatGPTと連携した対話型作業支援ソリューションとして、社内ノウハウを現場で音声によって確認できるシステムが追加された。

DATA

NSW株式会社


取材・文/高橋健一

関連記事

factory innovation week
ロボットテクノロジージャパン
スマート工場EXCPO

アクセスランキング

  1. 三菱電機、富士通、パナソニック 電機大手3社が過去最高益 2024年3月期連結決算...
  2. 【 参加無料】2024年7月25日(木)「製造工場 省エネ・脱炭素化セミナー」
  3. 政府が事業者向けの統合版「AIガイドライン」を策定 人間中心など10原則...
  4. 2024年問題に対応! 物流変革ソリューションで飛躍的に業務改善
  5. 【2024 年のロボットトレンド】人工知能の導入が活発に
  6. 【中小企業省力化投資補助事業】8月9日から第2回公募の申請受け付けを開始...
  7. 製造業向けロボット市場 2028年には2兆円を突破
  8. 【ロボットテクノロジージャパン リポート②】「切る・つなぐ・はこぶ」がテーマのSIer企業...
  9. 『FACTORY JOURNAL』創刊2号、6/19発行!
  10. 国内のDX投資、2030年度には2.3倍に ビッグデータ分析や生成AIに注目集まる...

フリーマガジン

「FACTORY JOURNAL」

vol.02|¥0
2024/6/19発行