注目キーワード

編集部からのお知らせ

エネルギーコスト削減に寄与するソリューション【Factory Innovation Weekリポート⑤】

Factory Innovation Weekには、工場のDX,GXソリューション、ロボット、カーボンニュートラル実現に向けた1650社の新製品・新技術が出展した。第5回目は、エネルギーコスト削減に寄与するソリューションをピックアップした。

見落としていた廃熱を資源に変える
パナソニックRe廃熱

エネルギーコスト削減や低炭素化が喫緊の課題となるなか、発電機・コージェネレーションシステムや生産設備などから発生する廃熱を有効活用したいという声が高まっています。パナソニックでは、こうしたニーズに向けて、熱から冷水を作り出して冷房・冷却に利用する「吸収式冷凍機(ナチュラルチラー)」を使って、これまで捨てられるだけだった熱を有効活用する「パナソニックRe廃熱」をご提案しています。

吸収式冷凍機は熱を使って冷水をつくる熱源機器であり、コージェネレーションシステムと組み合わせることで、その廃熱を空調に活用することが可能となります。従来から廃熱を給湯や暖房に活かすことは一般的でしたが、吸収式冷凍機を使えば冷房にも活かせるので、暖房需要の低い夏場でも廃熱を無駄なく有効活用することができるのです。また、停電時も冷房し続けることが可能なので、省エネだけでなく、BCP対策としても効果を発揮します。吸収式冷凍機から作られた冷水は冷房の他に製造工程の冷却プロセスにも使うことができます。リースプランもご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

DATA

パナソニック株式会社 空質空調社
吸収式事業推進部 吸収式事業推進課
課長
小穴秀明 氏


取材・文/廣町公則

関連記事

FIW_report03-min
ロボットテクノロジージャパン
ものづくりワールド
ものづくりワールド

アクセスランキング

  1. 三菱電機、富士通、パナソニック 電機大手3社が過去最高益 2024年3月期連結決算...
  2. 【 参加無料】2024年7月25日(木)「製造工場 省エネ・脱炭素化セミナー」
  3. 政府が事業者向けの統合版「AIガイドライン」を策定 人間中心など10原則...
  4. 2024年問題に対応! 物流変革ソリューションで飛躍的に業務改善
  5. 【2024 年のロボットトレンド】人工知能の導入が活発に
  6. 【中小企業省力化投資補助事業】8月9日から第2回公募の申請受け付けを開始...
  7. 製造業向けロボット市場 2028年には2兆円を突破
  8. 【ロボットテクノロジージャパン リポート②】「切る・つなぐ・はこぶ」がテーマのSIer企業...
  9. 『FACTORY JOURNAL』創刊2号、6/19発行!
  10. 国内のDX投資、2030年度には2.3倍に ビッグデータ分析や生成AIに注目集まる...

フリーマガジン

「FACTORY JOURNAL」

vol.02|¥0
2024/6/19発行