注目キーワード

政策・制度

外国人技能実習の新制度、政府の最終案を自民特別委が了承 国会提出へ

外国人技能実習制度を廃止して、新たに「育成就労制度」の創設に向けた政府の最終案が2月5日、自民党の特別委員会で了承された。関係閣僚会議の決定を経て、今国会への関連法案の提出を目指す。

育成就労制度を
新たに創設

政府は、昨年11月に有識者会議が最終報告書をとりまとめたことをうけて、制度の見直し案を検討していた。最終報告書では、同一企業で1年以上就労すれば転職を認める内容を盛り込んだ。しかし、転職の要件を緩和することについて、自民党内に地方からの人材流出などを懸念する声が相次ぎ、調整が難航していた。

政府の最終案では、現行の技能実習制度を廃止して、新たに「育成就労制度」を設け、基本的に3年で一定の水準に育成するとしている。その間に、より技能レベルの高い「特定技能1号」の水準に育てることを目指す。

その後の試験などを経て熟練労働者である「特定技能2号」になれば制限なく在留資格を更新でき、家族の帯同も可能になる。「特定技能2号」は、長年の実務経験などにより身につけた熟達した技能で、たとえば自らの判断により高度に専門的・技術的な業務を遂行できる、または監督者として業務を統括しつつ、熟練した技能で業務を遂行できる水準のものを指す。新たな制度では、一定の条件を満たせば永住権も申請できるようになり、高度専門職などに移行できる。

転職を認める条件
日本語要件を厳格化

現行の制度は人材育成による国際貢献を目的としているため、本人が希望する転職は原則として認めていない。政府の最終案では、転職について日本語能力の要件を厳格化する。最終報告書では、転職を認める条件として日本語能力A1相当以上の試験合格を提言した。しかし、自民党内に語学能力の引き上げを求める意見があることから、政府は日本語能力A1相当からA2相当の中間レベルに要件を引き上げた。能力向上を評価する新たな試験の導入を検討する。

転職の制限期間
1~2年で設定可能に

転職を制限する期間は、自民党内の慎重な意見に配慮して、当分の間は職種ごとに1年から2年の範囲内で設定可能とした。転職の支援は、悪質なブローカーを排除するため、ハローワークなどの公的機関のみで行うこととし、民間事業者の関与は当分の間認めない。今後、公明党にも了承されれば、政府は関係閣僚会議を開いて正式に決定し、今国会への関連法案の提出を目指す。

外国人技能実習制度は、途上国から実習生を受け入れ、技術を持ち帰ってもらう「国際貢献」の名目で、1993年に始まった。受け入れ対象は、当初の17職種から90職種に拡大している。在留期間も、制度開始時の2年間から5年間に延びた。昨年6月末時点で実習生は、全国に約35万8000人。国籍別ではベトナムが最多で51.8%、次いでインドネシアが16.3%、フィリピンが8.9%、中国が8.1%などとなっている。

技能実習生の在留状況(2023年6月)

出典:法務省

技能実習生の国籍別構成比(2023年6月)

出典:法務省


取材・文/高橋健一

関連記事

アクセスランキング

  1. NSWの2つのソリューションが製造現場の保守業務を劇的に効率化!
  2. 三菱電機、富士通、パナソニック 電機大手3社が過去最高益 2024年3月期連結決算...
  3. 【中小企業・省力化投資補助金】6月25日から第1回公募の申請受け付けを開始...
  4. 政府が事業者向けの統合版「AIガイドライン」を策定 人間中心など10原則...
  5. 全国安全週間に向けて6月1日から準備期間スタート
  6. 【外国人技能実習制度の見直し】転籍の条件と地方への配慮が焦点
  7. フリーマガジン『FACTORY JOURNAL』2024年1月16日創刊!
  8. 【2024 年のロボットトレンド】人工知能の導入が活発に
  9. 国内のDX投資、2030年度には2.3倍に ビッグデータ分析や生成AIに注目集まる...
  10. 製造業向けロボット市場 2028年には2兆円を突破

フリーマガジン

「FACTORY JOURNAL」

vol.01|¥0
2024/1/16発行