注目キーワード

業界トピック

生産性の向上に寄与するソリューション【Factory Innovation Weekリポート④】

Factory Innovation Weekには、工場のDX,GXソリューション、ロボット、カーボンニュートラル実現に向けた1650社の新製品・新技術が出展した。8回目となる今回の展示会には、3日間で77,744名が来場した。第4回目は、生産性の向上に寄与するソリューションをピックアップした。

<目次>
1. 株式会社竹中機械製作所 ロボット・周辺装置をオーダーメイド
2. アクシスコミュニケーションズ株式会社 防爆にも対応したネットワークカメラ
3. スパイダープラス株式会社 iPadひとつで業務効率化を解決 

 

ロボット・周辺装置を
オーダーメイドで提供

竹中機械製作所

私ども竹中機械製作所は、ロボットと周辺機器のオーダーメイド設計・製造を柱に、工場の自動化・省力化をサポートする業務を行っています。お客様の用途に合わせた装置を1個からお受けしておりますので、小規模な生産ラインや試作品の製作にもご利用いただけます。インコネルやチタンなどの難作材の加工にも対応しておりますので、他社で断られてしまった加工でも、ぜひ一度ご相談ください。

弊社では、受注から出荷まですべての進捗を専用のシステムで管理しています。また、工程の最初から最後まで一貫生産することで、社内にて工程ごとの打合せを密に行え、的確で効率の良い加工工程が構築されています。その結果、それぞれの製品を安定した品質でご提供することが可能となっております。労働安全教育や補助金に関するお手伝いも行っておりますので、はじめてロボット導入でも安心してお任せいただければと存じます。

DATA

株式会社竹中機械製作所
代表取締役 竹中榮一 氏

ネットワークカメラの先駆者として
防爆にも対応

アクシスコミュニケーションズはスウェーデンで1984年に創業し、1996年に世界で初めてネットワークカメラを開発しました。以来、ネットワークカメラのリーディングカンパニーとして、各国で高く評価されています。日本市場においては、今年新たに防爆カメラをラインナップに加えました。これは製造業のお客様からのリクエストにお応えしたものであり、可燃性物質(液体・ガス・蒸気、粉塵)が存在するケミカル・薬品系の工場や、工業系塗装ラインなどでも安心してお使いただけるものとなっています。

弊社のネットワークカメラは、カメラの中で様々なアプリケーションを作動させることが可能です。画像解析についても、従来のシステムのように画像解析用のサーバーは必要なく、カメラの中で画像解析を行うのでネットワークの負担も少なくて済みます。工場向けの映像監視ソフトウェアと合わせて、広範なトータルソリューションをご提供いたします。

DATA

アクシスコミュニケーションズ株式会社

製造現場の業務効率化を
iPadひとつで解決

弊社では、製造現場の業務効率化ツール「SPIDERPLUS(スパイダープラス)」を提供しています。これを使えば、図面閲覧、写真撮影・整理、資料閲覧、帳票作成といった、これまで紙ベースで行われていた業務がiPadだけで行えるようになり、デジタル化した各種データをチーム内でクラウド共有することも可能となります。

SPIDERPLUSは「紙の点検表からの転記の手間・ミス」「写真の撮影箇所が分かりにくい」「メンテ記録を探すのに時間がかかる」など業界が抱える問題を解決し、ベテランがもつノウハウの継承や、運転データをもとにした予兆保全にも貢献します。自社工場の設備保全、機器の据付・メンテナンス、設計と製造間の情報連携など、様々な場面でご活用いただけます。全国1900社以上・約7万人の方にご利用いただいてきた実績と経験を活かし、SPIDERPLUSはお客様の工場DXを幅広くサポートします。

DATA

スパイダープラス株式会社
ビジネスグループ
セールス本部
部長
古家信之 氏


取材・文/廣町公則

関連記事

2024/06/18 | 編集部からのお知らせ

『FACTORY JOURNAL』創刊2号、6/19発行!

自動車工場

アクセスランキング

  1. NSWの2つのソリューションが製造現場の保守業務を劇的に効率化!
  2. 三菱電機、富士通、パナソニック 電機大手3社が過去最高益 2024年3月期連結決算...
  3. 【中小企業・省力化投資補助金】6月25日から第1回公募の申請受け付けを開始...
  4. 政府が事業者向けの統合版「AIガイドライン」を策定 人間中心など10原則...
  5. 全国安全週間に向けて6月1日から準備期間スタート
  6. 【外国人技能実習制度の見直し】転籍の条件と地方への配慮が焦点
  7. フリーマガジン『FACTORY JOURNAL』2024年1月16日創刊!
  8. 【2024 年のロボットトレンド】人工知能の導入が活発に
  9. 国内のDX投資、2030年度には2.3倍に ビッグデータ分析や生成AIに注目集まる...
  10. 製造業向けロボット市場 2028年には2兆円を突破

フリーマガジン

「FACTORY JOURNAL」

vol.01|¥0
2024/1/16発行