注目キーワード

業界ワード

【業界ワード】産業用ロボットの種類

産業用ロボットは、人の代わりに製造ラインでの組み立て作業などを行う機械のことを指す。産業用ロボットには多くの種類があるが、代表的な4種類のロボットを紹介する。

<目次>
1. 水平多関節ロボット
2. 垂直多関節ロボット
3. 直角座標ロボット 
4. パラレルリンクロボット 

 

2つ以上の軸について
プログラミングで動作

産業用ロボットは、日本工業規格(JIS)で、「2つ以上の軸についてプログラミングによって動作し、 ある程度の自律性をもち、環境内で動作して所期の作業を実行する運動機構」と定義されている。

産業用ロボットにはさまざまな種類が存在する。主に「軸」と呼ばれる関節の種類や数、構造などから分類される。代表的なものとして「水平多関節ロボット」「垂直多関節ロボット」「直角座標ロボット」「パラレルリンクロボット」のそれぞれの特徴を紹介する。

水平多関節ロボット

3つの関節をアームに持つロボットを多関節ロボットと呼ぶが、水平多関節ロボットは、水平方向にアームを動かすことが出来る多関節ロボットだ。3つの回転関節と、上下に動かすことが出来る先端部からなる構造をしている。

垂直多関節ロボット

人の手の様に動作することができるのが特徴。駆動するための軸が少ないロボットに比べて自由度が高く、人の手で行っていた作業や自由度の低いロボットで時間をかけて行っていた作業を効率良く進めることができる。

直角座標ロボット

3次元の動きを回転ではなく、縦、横、高さという3方向の直交するスライドのみで実現するシンプルな機構が特徴。比較的安価なので、手軽に導入できる点がメリットだ。制御プログラムも比較的容易で、命令も多軸ロボットと比べると簡単でシンプルである。

パラレルリンクロボット

2本セットの3~4対のアームが並列に配置され、1つの先端を支持するタイプが主流。高速かつ精度の高い動きができることが特徴で、ベルトコンベア上の食品のピックアップなどに用いられている。

DATA

産業用ロボット事例紹介


取材・文/高橋健一

関連記事

二酸化炭素排出
産業用ロボット

2024/03/07 | 業界ワード

【業界ワード】ロボット革命

経済産業省

アクセスランキング

  1. NSWの2つのソリューションが製造現場の保守業務を劇的に効率化!
  2. 三菱電機、富士通、パナソニック 電機大手3社が過去最高益 2024年3月期連結決算...
  3. 【中小企業・省力化投資補助金】6月25日から第1回公募の申請受け付けを開始...
  4. 政府が事業者向けの統合版「AIガイドライン」を策定 人間中心など10原則...
  5. 全国安全週間に向けて6月1日から準備期間スタート
  6. 【外国人技能実習制度の見直し】転籍の条件と地方への配慮が焦点
  7. フリーマガジン『FACTORY JOURNAL』2024年1月16日創刊!
  8. 【2024 年のロボットトレンド】人工知能の導入が活発に
  9. 国内のDX投資、2030年度には2.3倍に ビッグデータ分析や生成AIに注目集まる...
  10. 製造業向けロボット市場 2028年には2兆円を突破

フリーマガジン

「FACTORY JOURNAL」

vol.01|¥0
2024/1/16発行